So-net無料ブログ作成

蒸気機関車を作ってみよう その後 [SL]

ブログを更新するのはずいぶん久しぶりですが、再開(?)一号記事は、やっぱりこれから始めないといけませんね。<(_ _)>

思い返してみたら、SL工作のことを書いたのは2009年4月が最後みたいです。(反省) 
81号の状況で、あの頃は機関車の後ろにあるテンダーに取り組んでいました。あの後、引越しをしたり色々とあって、100号の完結回をお盆の頃に迎えたのですが、そのままになっていました。

今年に入って、ようやくまとまった時間がとれるようになり、工作を終えた姿に黒色塗装を施しました。

もとは真鍮のピカピカだったのですが、どうしても手垢まみれになってしまって、金色で保存するにしても手を加えなきゃいけないなあ、と悩んだ結果、本来の色にしてしまえ、と。

DSC00010.JPG

前回の記事からすっ飛んでいるので、なんじゃこれ?!って感じかもしれないのですが、あの後、機関車を飾る台、線路や枕木が来まして、その上に鎮座しております。

ヘッドマークの「つばめ」と、リフレクターのマークがカッコイイでしょう? (自己満足です スミマセン)

DSC00015.JPG

公式側を後部からみるとこんな感じになります。動輪部分も塗装しようか迷っています。なんせ、下手にやると動かなくなってしまうし。もうバラすのも懲りてますし。(^^;

そのほか、キャビンやテンダー最後部の姿です。

DSC00011.JPG
DSC00016.JPG
DSC00013.JPG

真鍮への塗装って、未経験だったので、デアゴさんの指示に従って、接着剤の削り落とし→脱脂→プライマーで下地つくり→黒塗装 (4~5回重ね塗り) と進めていきました。

なにしろ全長が1メートル近いので、塗装するにも大げさになり、ずいぶん日にちがかかりましたが、何とか、「ほぼ」完成です。

気が向いた時に、細かいところの色を入れてみたいな、と思っています。

梅小路SL館(後編) [SL]

さて、後編です。

ここ梅小路蒸気機関車館では、本物のSLに体験乗車ができるんです。それを楽しみにしてやって来ました。その名も「スチーム号」。

乗車時間が10分程度と聞いていたので、どこを走るのだろうか、と思っていたのですが、扇型車庫から伸びる一組の線路が、東に・・・。

そこには、まさしく本物のC61 2号機がスタンバイしていました。

乗車チケットも無事に入手し、乗り込むと、最初はバックで走り出します。

しばらく行ったところで、今度は同じ線路を戻るのですが、こちらは前進です。

機関車に牽引される客車には、お客さんがいっぱい。ときどき汽笛を鳴らしながら、それはもう子供みたいにテンションが上がってしまいました。(^^)/~

あっという間に駅に戻ってきたのですが、そこにはまだお客さんの長蛇の列。行った日がちょうど夏休みの時期だったので、すごい人気でした。ということで、スチーム号も次のお客さんを乗せて、臨時ダイヤで運行です。

走るC61の勇姿を撮影しましたので、ぜひごらんください。




梅小路SL館(前編) [SL]

このブログでもご紹介してきましたが、2年前からデアゴ社の「C62をつくる」を購読して、今年の夏に無事に100号の完結回を迎えました。

この夏は引っ越しがあって、あの作りかけのSLをどうやって運ぶか?を悩んだりしましたが、なんとか形になっております。ご存じの通り、真鍮のキンピカモデルなのですが、接着剤のはみ出しやら手垢やらがあるので、年末年始にでもキレイに処理して、塗装しようと目論んでおります。 (ブログのエントリーはその頃に・・・。m(_ _)m)

そんなわけで、無事完結(!?)のお祝いを兼ねて、ずっと行きたかった京都の梅小路SL館に、夏のある一日、ハンデイカムHDR-CX7とコンデジDMC-TZ7を持って行ってまいりました。(日帰り強行軍で、別の予定のついでに行けた、ということで、α700はお家で待機です。)

京都駅からそれほど距離はないところにあるSL館ですが、初めて訪れます。最寄りのバス停を降りて歩くと、大きな公園がありました。

20090813092804(1).JPG

この奥のほうにあるらしいのですが、入口が見えません。進んでいきます。

20090813093048(1).JPG

なんか、線路らしきものが見えてきた。。 あのへんか?

20090813093140(1).JPG

ありました、梅小路SL館。レトロな雰囲気の建物です。昔、実際に駅舎だったそうです。

P1000088-3.JPG

こんな動輪がディスプレイされていました。横にあった記念碑には、「100年にわたる蒸気機関車の栄光をたたえ、ここにその雄姿を永く保存する 日本国有鉄道」と書かれています。

P1000089-3.JPG

そういえば、JRじゃなくて、JNRだったんですよね。国鉄時代は。

さて、入場券を買って、早速SL達に会いにいきましょう。

扇型をした機関庫がそのまま展示場になっていて、その後ろ側から機関庫に入りました。最初に見たのはC51。

20090813094128(1).JPG

実際にキャブの中にも入ることができ、感動です。とにかく、たくさんホンモノのSLがいるので、テンションはあがりっぱなし。

20090813094128(2).JPG

機関庫の外へ出ると、いらっしゃいました、C62 2様が。

P1000090-3.JPG

P1000095-3.JPG

P1000097-3.JPG

自分で、模型とはいえ、2年間作りこんできた、そのホンモノが、目の前にあることに感動! 組み立てに苦労した動輪周りも、普通ならさらっといくところが、じーっと見とれてしまいました。ふと気付くと、どうも同じ立場にいたような方々が、特別な視線を送ってらっしゃいました。

さて、扇型の機関庫のほうを見ると、メンテナンス中らしきSLが煙をもくもくと出していました。

P1000115-3.JPG

P1000116-3.JPG

こんな機関車もありました。

P1000118-3.JPG

ざっと巡ったところで、館内アナウンスが流れ、SLに体験乗車できる時間が近づいている、とのこと。売り場にはもう列ができている・・・。    (後編につづく)

蒸気機関車を作ってみよう その75〜81 [SL]

デアゴ社に週末を捧げているpenguinです。(爆)
・・・というほどでもないにせよ、安土城をつくるシリーズを始めてからは、建築魂が呼び覚まされて、自分にしては入れ込んでいるので、やっぱりかなりの時間を使っています。

すっかり城のほうにかかりきり・・ということはなく、機関車づくりも無事に八合目に到達しました。(^_^)v

機関車製作は城に比べるとかかる時間が短いし、細かな変化なので、この際まとめてアップしちゃいます。

前回の74号まででテンダーの大枠ができていましたが、さらにディテールを仕上げていきます。

75号・・・テンダーの底に車輪や連結器を付けるためのフレームの取り付け。
76号・・・テンダーの台車 ひとつめ。枠だけ。
77号・・・テンダーの台車 ふたつめ。枠だけ。
DSC05087.jpg
78号・・・台車2つに車輪や軸箱を一気に取り付け。
79号・・・台車に細かい部品をつけてからテンダーに取り付け。
SN3J0017.jpg
80号・・・テンダーの底と前妻にディテールを追加。
DSC05128.jpg
DSC05127.jpg

SN3J0018.jpg
81号・・・テンダー後妻にディテール(開放てこやステップなど)を追加。
SN3J0015.jpg
SN3J0019.jpg

・・・と一気に7号分書いちゃいました。(端折りすぎ!)

ここのところテンダーまわりですが、前回も書いたとおりバカでかいので、機関車本体と連結したときどうなるのか? どこに置くのか? なんて、わかりきっている問題が目の前に・・・。全体で90センチ以上あるのは知ってましたけど、ウチに置くとなんて巨大!

蒸気機関車を作ってみよう その71〜74 [SL]

気付けば2月も後半。季節外れの陽気だったかと思えば、この時期らしい寒さが戻ったりして、ホントからだがおかしくなっちゃいそうです。皆様もお体には気をつけてお過ごしください。

さて、月イチの一括処理モードにどういうわけか入ってしまっている機関車作りエントリーですが、既に七合目を過ぎて頂上が見えてきました。今回は71号から74号の状況です。

70号までで従台車が出来上がったので、何が来るのかと思っていたら、でっかいパーツがやってきました。

・・・と同時に細かいモノも来たので、そちらをまずはご紹介します。

DSC00052.jpg
DSC00053.jpg

何が増えたかおわかりになるでしょうか。ほそ〜い「針金」。機関車の先頭にある煙室胴からボイラーにかけてハンドレールが付きました。これを通すノブが既に付いていて、そこに通します。ノブの角度がちょっとでも曲がっていると、ハンドレールが真っ直ぐに通らないんですよね。。なので、ラジペンでくいくいっと調節するんですが、なんせ相手は柔らかい真鍮。神経すり減りました。

こんな細い棒だけで1890円也というわけではなく、大きなモノが・・・。

DSC00054.jpg

上の写真は、71〜73号まででやってきたモノを組み付けた結果です。これ、何かわかりますか?

機関車の後にあるテンダーです。大切な燃料である水、そして石炭を積むためのものです。それにしても大きい!! ボートみたい。

そして・・・74号で、テンダーの前部が来て、「船」の形になりました。

DSC05064.jpg
DSC05067.jpg

機関車と一緒に写していないので(あえてですが(^^;))、どのくらいの大きさかわかりにくいと思いますが・・・ ティッシュの箱が入りそうです。

nice!(7)  コメント(3) 

蒸気機関車を作ってみよう その68〜70 [SL]

blogへの反映が遅れ気味のSL製作シリーズですが、それにはちょっとした理由がありまして・・・。

これまでblog書きは自宅にあるiMacでやっていました。写真はiPhotoに蓄えてあるし、やっぱりトシの自分には大きな画面で快適なキーボードで・・・ってことで。MacBookもありますが、普段の持ち歩きにはさすがに重たいマシンなのです。

そんななか、先日購入したVAIO typeP。とても軽くて、ノートPCの常識を越えています。そのため、持ち歩きが全く苦にならないので、用が無くても(笑)かばんに入れてるんです。そのtypePくんの主な使用場所は通勤電車の中。場所も取らないので、ここでblog書きができたら・・・と、カラーテック佐藤さんもお使いの「xfy blog editor」をtypePに入れ、テストしてみました。

so-net blogで使うためにはちょっとした設定が要るみたいでしたが、なんとか終えて、早速エントリーをアップ!

・・・って、応答が返ってこない・・・。

「保存/サーバーへ反映」っていうのをやると、写真付きの場合ほぼ固まってしまい、ついには「失敗しました」で終了。「えー! ダメか?」と思いきや、サーバーには写真のうちの1〜2枚程度はアップされている・・・。同期をとろうとしても「失敗」扱いのため出来ず、ならば、とエントリー取得すると、ローカルにあるものとダブったり。

アップする時間帯に問題があるのかもしれませんが、xfy blog editor & so-netって、思ったよりも難しくて、ちょっとくじけてしまいました。

ということで、気を取り直して、大人しくiMacから書きます。m(__)m

ここからが本題。(前置きが長くてスミマセン。)
前回から、「従台車」の組み立てが始まりましたが、その続きです。

DSC00022.jpg

上のは68号のパーツです。従輪のサスペンション部分を組みました。台形状の部分をリーフ・スプリングといいますが、それら2つの間を繋ぐ部分はネジの切り方に工夫があって、可動です。

DSC00023.jpg

続いて69号。68号で組んだサスペンションを従台車枠に取り付けました。やたら細かいパーツがあって、ネジのサイズも複数あるし、で、無くしそうで。(汗)

DSC00048.jpg

そして、祝! 7合目。70号です。

ちょうどキリ良く従台車が完成しました。従輪がやってきたので、組み込んで、コロコロと回ります。

さて、次回はどこかなあ。
nice!(7)  コメント(7) 

蒸気機関車を作ってみよう その67 [SL]

67号からはところ変わって足回りです。

「あれ、もう車輪は終わったんじゃ?」と思われたかもしれませんが、キャブの下に位置する従台車がこれになります。

これは3つのパーツからできています。例によって加工時のパーティングラインを削りたい人は・・・ってありましたが、この部分は見えなくなるので、ま、いいか。


nice!(6)  コメント(1) 

蒸気機関車を作ってみよう その64〜66 [SL]

前回でキャブがだいぶ仕上がってきましたが、64号ではさらに細かいパーツを取り付けました。。。
あまりにも小さいパーツなので、またの機会ということで・・・

65号と66号のお話を。

DSC00016.jpg

コレ、どこが変わったか、おわかりでしょうか? 


さすがにわかりますよね。(笑) 機関車の顔がそれらしくなりました。が、正面写真はまたの機会に。ほっほっほ。
nice!(8)  コメント(5) 

蒸気機関車を作ってみよう その63 [SL]

SLエントリーが多くなってしまってごめんなさい。m(__)m
63号ではキャブに屋根が付きました。
P1000215.jpg

キャブ周りを組んできましたが、形が出来てきました。

段々と機関車のうしろ部分が重たくなっています。キャブの床下にまだ支えるものが無いんですよね。
組み立て作業をするのに模型を移動するのも一苦労。(^^;)

nice!(7)  コメント(4) 

蒸気機関車を作ってみよう その62 [SL]

62号ではキャブ下部にパーツが付きました。仕上がった様子はこんな感じです。

P1000201.jpg

キャブの床下に、左右から下へ伸びているのがキャブ・ビームというもので、これは前回の61号で付けています。このキャブ・ビーム同士をリア・エンドビームという横板で繋いでいます。リア・エンドビームについているのはストーカー・エンジンと言うそうです。
nice!(9)  コメント(3) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。